予約をとるときの魔法の言葉を教えちゃう。

 
1人でフルコース食べたことありますか。
 
 
 
 
私はあります。
 
 
 
 
 
 
寂しいヤツだなと思った、そこの貴方。
 
 
 
 
 
その通りです。寂しい。笑
 
 
 
でも平日休みだとね。
1人で行動する時間が必然的に増えるんです。
 
 
 
 
 
そこで、何がしたいか。
自分に問うてみるわけです。
そうするとね。結局。
とにかく美味しいものが食べたい。
となるんですね。
 
 
 
最近は賢くもなったので。
休みの日に行きたいお店をリスト化。
先々まで予約を取るということまでしてます。
ね、寂しいでしょ。笑
 
 
 
 
で。
 
 
 
 
先週の話。
 
 
 
三軒茶屋にあるイタリアンに電話したんです。
1人なんですけどランチ予約できますか、って。
 
 
で。
 
 
 
そのとき。男性のスタッフの方が対応してくださったのだけど、ある一言に痺れました。
 
 
 
最初、言われたときは、あまり聞き慣れないフレーズだったので「えっ?」ってなったのだけど。
 
 
でも、意味が理解できて。
 
 
わあ。
なんって素晴らしい一言なんだろうって。
ちょっと震えました。
 
 
 
 
 
魔法のような言葉なんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マネージャー
「では、●●日の●●時から一名様でお席お取りしておきますね」
 
 
 
 
 
「はい、宜しくお願いいたします」
 
 
 
 
 
マネージャー
「ミヤガワ様、ちなみに。何かこちらでお心遣いできることなどございますか」
 
 
 
 
 
「えっ??とんでもないです。席だけ用意していただければ、充分です。楽しみにしております」
 
 
 
 
すごく良くないですか。
 
 
 
 
 
 
 
 
「お心遣いできることなどございますか」
 
 
 
 
 
 
 
って。
 
 
 
 
 
なんですか、それ。
 
 
 
 
 
 
この一言の凄いところは2つ。
 
 
1.お客様の潜在的な(自分でも気がついていないかもしれない)ニーズを掘り起こせる、かもしれないこと
 
 
 
例えば。既にお店でコレを真似してみてるのですが。早速、掘り起こしまくってます。実は妻のと結婚記念日で、とか。(プレートを提案しました)毎年恒例の親戚の集まりなんですよ、とか。(個室とコースを提案しました)
 
質問されることで。予約する側もその場で考えるわけです。「えーっと、何かあるかな」と。「あ、そういえば、、、」と続いたら、その内容はお店にとって大事な情報になる可能性が高い。
 
 
2.
第一印象から大事にされてる感が伝わり過ぎてお店のことが無条件に好きになってしまう、かもしれないこと
 
 
 
同じく。魔法の言葉で、「実は姉の誕生日で」という情報を引き出したのですが。なんと会計の際に。「プレート素敵なのをありがとう。初めて来たんだけどね。電話の対応から親切でとても嬉しかっわ。いいお店ね、ありがとう、また来ます」と。
 
 
貴方のために私にできることはありますか。なんてことを、普通の生活の中で聞かれることないですよね。あんまり。だから、それだけで。特別なものを贈られた気分になってしまうんですね。きっと。
 
 
 
 
 
どんなに忙しいときでも。
その一言を添えるだけ。
それだけのことなのに。
 
 
 
 
 
 
 
本当は僕が見つけた「魔法の言葉」なので。内緒にしておこうかと思ったのですが。
 
もし使いたい人がいたら使ってもいいですよ。
 
 
 
 
 
 
「何かお心遣いできることはございますか」
 
 
 
 
って。
 
 
 
:)

 

f:id:kyounotencho:20180613100935j:plain

 

メインディッシュのカトラリーは好きなものを選んでください。

素敵なお店です。ペペロッソ@三軒茶屋

 

 

 

シェフと畑に行ってみたら、想像以上に面白かったので、みんなにも共有したくなった話。

 

小泉さんの畑に行ってきました。

 

 

 

 

 

今回の僕が感動したポイントを3つほど共有します。

 

 

 

自分たちのお店で使っている食材に関して。

みんなの理解と愛がちょっとだけ深まったら嬉しいです。

 

 

 

 

まずは畑の場所をおさらい。お店からは車で1時間ほどです。

f:id:kyounotencho:20180517102411p:plain

 

少し山の方に少し入ったところに、畑はあります。

小泉さんの第1印象は「ジャパニーズヤクザ」です。

サングラスと小型のナイフが似合いすぎていました。

 

 

f:id:kyounotencho:20180517103259j:plain

※右が小泉さん、左はテツさん、渡しているのは試作中のトレビス



 

 

 

 

 

【1】うちのシェフは、食材の開発にまで口を出してました。

 

 

 

テツさんは毎月、秦野に行くのですが、そんな毎月毎月、何しに行ってるんだろうと訝しくも感じていたのですが。謝罪します。スゴイことをしてました。

 

 

小泉さん「ねえねえ高橋さん、次はこんなの育ててみたんだけどどうかな?」

テツさん(その野菜を食べながら)「ああ、これはサラダでは辛すぎるけど、パスタとか熱い料理のトッピングしたら味が引き締まっていいかも、どれくらい収穫できますか?」

 

 

とか。

 

 

テツさん(新芽を指差して)「あ、これうちの縞茄子ですか?」

小泉さん「そうだよ、ここの2畝はあざみ野の分だよ」

テツさん「去年、デリカテッセンで茄子のタルトが好評だったから、今年はそれようの茄子を小泉さんにつくっていただこうと思って」

 

とか。

 

 

つまり。食材の開発からシェフが関与してるわけです。

 

f:id:kyounotencho:20180517110136j:plain

※野菜の気持ちを全身で理解しようとする意識の高いシェフ

 

素晴らしい!!

 

 

ゆくゆくはフルとハーフで野菜作ってもらうとかね。

フル人参とハーフ人参。フル小松菜とハーフ小松菜。

 

 

 

 

 

 

【2】なんでも愉しんでくれる小泉さんのキャラクターが凄いです。

 

 

小泉さんは多品種の野菜を少量づゝ育てています。

そして、とっても好奇心旺盛。

 

 

だからシェフからの無茶な要望も愉しんでくれる方です。

例えば、二子玉川のシェフとの会話も面白かったです。

 

 

小泉さん「イタリア野菜やってみたけど、思うようには育たないね。このトレビスもなかなか結球がぎゅっとしないんだよ」

加藤さん(二子玉川のシェフ)「イタリアとは土の湿度や太陽との距離が違いますからね。でもこれはこれで何か使えるんじゃないですかね、もらってもいいですか?」

小泉さん「いいよ、一つ持っていって。あと、教えてくれたイタリアンパセリは上手にできたから使ってみる?」

加藤さん「ありがとうございます」

 

 

みたいな。

 

f:id:kyounotencho:20180517110118j:plain

※加藤さんのためにつくったイタリアンパセリ

 

加藤さんにお願いされて、初めての野菜にも挑戦しちゃう小泉さん。

きっと、毎日、試行錯誤しながら、新しい野菜づくりを愉しんでらっしゃる。

 

 

 

 

 

 

【3】小泉さんとの会話から妄想が広がります。

 

 

 

 

小泉さん「それ触ってみな」

僕「これですか?」

小泉さん「触った手の匂いかいでみて」

僕「...おお!」

小泉さん「すごいでしょ?ハーブの香りって」

僕「すごいです。これお店でコドモたちに体験してもらいたい」

 

f:id:kyounotencho:20180517110036j:plain

※一言にバジルといっても、シナモン、レモン、ペッパーと様々な香り

 

ということで、畑に行くことでアイディアも生まれます。

これからは僕も顔出すことにしよう。

 

 

>岩田さん

テラスに早くハーブ畑をつくりましょう。

「前菜:ハーブの香りのする手で食べるカプレーゼ」とかやりたい。

 

 

 

 

 

以上。

 

 

小泉さんの畑レポートでした。

 

 

 

f:id:kyounotencho:20180517110125j:plain

※デリで登場している”新玉ねぎ”のサラダ

 

 

f:id:kyounotencho:20180517110644j:plain

※セルバチコは”オマール海老のおじや”のトッピングとかで使います



f:id:kyounotencho:20180517110651j:plain

※”茄子のタルト”で使う予定の縞茄子の新芽



 

f:id:kyounotencho:20180517111436j:plain

※花束みたいなサラダ用の野菜たち

 

 

もしも畑に行ってみたい人がいたら、テツさんまで。

 

 

 

 

:)

 

 

 

f:id:kyounotencho:20180517111752j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その仕事は"自分事"になっているかどうか、その一線についての話。

f:id:kyounotencho:20180515231445j:plain

昨晩の話。

60代後半くらいの女性がラザニアを注文しました。ところが、想像していたものよりも「固い」とのことで、満足して頂けなかったようで。野菜の歯ごたえをウリにしていたのだけど、それが事前には伝わってなかったことで、もっと別物を期待させてしまったらしく。

ここまでが、ユウから僕への報告の内容。

このさきが、そこに対するユウたちの行動。

問題は牛蒡と蓮根が入ってることが事前に伝えられなかったことだから、ラザニアの内容も黒板に書くことにしようと。(この解決策自体はもしかしたら岩田さんとかと相談して決めたのかな?)

それで営業終了後にユウは10枚近くある黒板の文字を全部消し始めました。そして、全て一から書き始めて。僕はその様子をFL入力しながら横目で見てたのだけど、まさか全部描き直すとは思わなかったので、ちょっと驚いたんです。

しかも。

それを。同じく仕事終わりのマイが手伝い始めたときには、え、この子たち凄いなって思いました。

えらく自然な感じで。お喋りしながら書くという感じで手伝い始めたけど。二人とも明日は朝から授業があるというし。本当は早く帰りたいはずなのに、黙々と(厳密にはお喋りしながら)書いています。

このことを、さっき。本社でクリエイティブチームとの定例ミーティングのときに共有しました。「それ凄くいい話じゃない?」ということで、話が盛り上がり。

そして、我々は大事なことに気がつきました。

昨晩のできごとこそ、「仕事」ということの本質なんじゃないかということです。

「仕事」が本当に楽しいのは、「自分事」になったときだと思います。(僕の個人的な考え方なので偏ってる前提で聞いて欲しいのですが)

「自分事」というのは。

誰に言われるわけでもなく、気がついたらそのことを考えてしまったり、そのことを辞められなくなってしまったり、そんな感じのこと。

誰にでも経験ないですかね。子供の頃、放課後にリフティングの練習をしたり、外国のコインを一生懸命に集めたりとかとか。

ワークライフバランスという考え方とは逆行してしまうかもですが。仕事も生活も分ける必要がなくなっちゃう。どっちも自分なこと。

ちなみに、僕たちの会社の社長は、それを「公私根同(こうしこんどう)」なんて、冗談みたいに言うのですが。

ぼくはこの言葉がとっても好きです。

つまり、「自分事」になってしまったら、仕事も生活も、自分がやりたいことをしているという点で、同じワタシという名前の"根っこ"から生まれてくるものなので。

一つの根から育った幹や枝や実は、形は違うけど、同じ一本の樹。それはワークライフバランスではなくて、ワークとライフという形で、ワタシという樹に実るわけです。

僕は仕事で面白いこと思いついてしまったら、それをわざわざ遠距離中の恋人にテレビ電話して説明してみて感想を求めたりします。逆に、恋人との旅先で感動したことがあったら、それを自分の仕事でも真似できないかって考えてしまいます。

つまり、仕事も生活も分けることができない。

こういう働き方はもしかしたら一般的ではないかもしれません。それでも、こういう人生もいいな、自分にもそういう片鱗があるな、仕事ってもしかしたらお金を稼ぐことだけではないな、って。

アルバイトを通じて気がつけたら、すごくいいと思うんです。

昨日、ユウたちが黒板を書き直してたことはまさに自分事。あれをみて、この子たちはどこに行ったって、自分事を見つけられる、と思ったんです。

そういう子たちがお店にいることが、僕は無性に嬉しい。そして誇らしいんです。

改めて、ありがとう。

そして、これからも宜しくお願いします。

ちなみに、僕にも、やりたくない仕事がたくさんあります。そういうときは、その中に一つでもいいから、自分がやりたくなる理由を探してますら。原価とか人件費とか、ひたすら数字を入力する仕事は嫌いですが、その数字の背景にある物語を想像するのは好きです。数字の入力を1秒でも早くできるように工夫することもゲームみたいで好きです。

そんな感じで毎日楽しく働かせてもらってるわけです。

※写真は先月ロンドンで撮影したデリカテッセンの料理のポップ。原材料とグルテンフリー、ベジタリアンの表記。分かりやすいし、真似したいアイディア。

仕事と作業の違いは「意思」があるかどうか、ということを深夜の雑談で再確認した話。

f:id:kyounotencho:20180215163747p:plain
 
ホットコーヒーのお替わりを15時で止める。
 
 
この決定に対して、賛否両論が巻き起こった。
 
 
「いやいや、それはお店の都合じゃない。14:55に来店してくださったお客様に申し訳ないと思う」
「ああ、それはいいですね!ホットコーヒーのロスが減らせると思います
 
 
などなど。
 
 
 
アイドルタイムにデザートセット850円(好きなデザートと珈琲か紅茶)を始めます。
 
この提案に対して、それぞれに解釈の仕方があった。
 
「お客様にお勧めしやすくなりました!カフェタイムのニーズも掘り起こせそうですね」
「15時前に来店してくださったお客様はアラカルトの価格になってしまうので申し訳ない」
 
 
などなど。
 
 
 
 
 
 
僕はそういった一つ一つの「問題」に対して。
「正解」を求められます。
 
 
 
店長なので。
 
 
 
 
でも、ぶっちゃけ。
 
 
「正解」が分かりません。笑
 
 
というか、「僕が決めたことをみんなが守る」というのが、あまり好きになれない
 
 
 
 
 
なんでしょうね。
その人から「意思」を奪ってしまう気がする。
 
 
 
 
一昨日。
 
 
クローズ後にあっきーと事務所でおしゃべりしていたときに。
(彼女はときどき深刻な顔で「相談したい」と言いながら深夜に僕を拘束します。笑)
 
 
あっきー:「私、仕事が全然思うようにいかなくて」
店長:「うーん、そもそも仕事が”思うようにできる”ってどういうことかな」
あっきー:「私、効率も悪くて、皆に迷惑ばかりかけていて」
店長:「うーん、誰でも苦手なことがあるしね、僕もオーダーよく間違えるし」
あっきー:「私、どうしたらいいですか」
店長:「うーん、それは僕もわからない」
 
(省略)
 
 
 
という不毛な会話を1時間ほど続けたのですが。
3時間くらいでやっと、一つの結論に行き着きました。
 
 
 
店長:「あ、仕事の面白さって、自分の意思があるかどうかじゃない?いままで誰にも頼まれてないのに、してしまったこととかない?僕は小学校とのときに調理時実習で、プリンをつくれって言われたのに、ゴマ団子を作ったことがあるよ。失敗したけど」
 
 
あっきー:「前職で、商品(カーテンとか)の納品日をわざと自分のの休日にしてたんです。本来は工場からお客様に直接納品するオペレーションなんですけど。今までやり取りしていたお客様が商品を受け取ったときの喜ぶ顔が見たかったので。あと請求書には手書きの手紙を添えたりとか」
 
※彼女の前職はインテリアの受注販売です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アホですよね。笑
誰にも頼まれていないのに。
むしろ、上司に見つかったら怒られるのに。
 
 
 
でも、そんなことを3年間続けていたら。
インテリアを納品したお客様から、プライベートで自宅に招待されたり。
そういうこともあって、愉しかったんだって、笑ってました。
 
 
あっきーらしい。
 
効率は悪いし。
自意識が過剰だし。
自分の休暇もなくなる。
 
 
 
だけど、僕は好きです。この話。
なぜなら「仕事を通じて誰かと共感したい」という彼女の意志がある。
 
 
 
 
 
長くなりましたが。
 
 
 
僕らのお店の「正解」は「個人の意思」であって欲しいんです。
 
 
 
 
 
僕は店長なので。
「価値」をつくるために、皆で守るべき最低限のルールは決めます。
 
例えば。
 
珈琲のロスが多いと原価が重たくなってしまうので、人件費などが支払えなくなってしまうのは嫌だから、15時で一度止めることにする。
アイドルタイムの稼働率が低いので、新規の顧客を掘り起こすためにデザートのセットを始める。
 
 
 
 
 
その上で。一人ひとりはそのルールを理解した上で、「意思」を発揮してルールを破ってくれたらとても嬉しい。
 
 
 
例えば。
15時過ぎたけどポットにまだ珈琲が少し残っているから、「本当はダメなんですけど」なんていいながらサービスしちゃうとか。
14時にカフェ利用に来店してくださったお客様に、今日は席も空いているから、ゆっくりしてもらおうと850円のセットを提案しちゃうとか。
 
 
 
 
 
そのほうがいいです。
 
 
こんなこと書いたら怒る人いるかもしれないけど。
でも、それがほんとうの意味で「仕事」だと思うので。
 
 
 
 
 
冒頭の写真は恵比寿の写真美術館で展示されていたユージン・スミスの作品です。所属していた大衆雑誌「LIFE」(アメリカ)の求める条件を満たしつつも、自分の表現を守り続けた(最終的には対立して雑誌との関係は断ち切りますが)偉大な写真家。
 
 
 
 
 
僕はこんな仕事に憧れます。
 
 
 
 
:)
 
 
 
 
 

「好き」とか「嫌い」とかって当たり前だけどあるわけで、それは仕事でも同じだよなあという気づき。

 
 
 
 
 
当たり前だけど。
好きな人に会うのは嬉しい。
 
 
 
 
 
 
 
 
僕は恋人との遠距離恋愛が3年目に突入しそうなのだけど。
半年に1回はどちらかが飛行機に乗って5956海里(9576km)を移動する。
飛行機代とか滞在費とか考えると、なかなかコストのかかる方法。
 
 
 
 

f:id:kyounotencho:20180115170739j:plain

 
 
 
 
だけど、6ヶ月ぶりとかに彼女に会えると。
それだけで胸が一杯になる。嬉しい。
 
 
 
 
さて。
 
 
 
この間、あいさんが息子さんとお店にご飯を食べに来てくれました。
 
 
※あいさんは僕らのお店のオープンのときに働いてくれていた方で、いまはここから徒歩8分の場所でご自身の花屋を経営されています。彼女の”センス”と”人柄”と”人との関わり方”、全てがいい方向に働いているようなそんなお店です。行ったことない人は足を運んでみてください。
 
 
 
 
そのときに。
 
 
他のお客様が来てくれるのとは違う種類の「嬉しい」があって。
それは、1日の疲れをすっと忘れるような。半年ぶりに会った恋人のような。
 
 
 
 
 
 
 
本当は。
ダメなのかもしれないけどね。
 
 
 
 
 
お客様は全て平等に、とか考えると。
でも、僕らは人間だからねえ。
 
 
 
 
 
しょうがないよね。
好きとか、嫌いとか、そういう感情があるのは。
 
 
 
 
 
 
好きな人が来てくれると嬉しい。
 
 
 
 
 
 
スタッフの子達が休日にご飯を食べに来てると嬉しいもんね。
お店辞めた子たちが来てくれるのも嬉しい。
 
 
 
 
 
 
 
 
全く関係ない文脈で。
 
「感じてはいけない感情はない」
 
という言葉に出会いました。
メンタルヘルスのお医者さんの言葉だそうです。
 
 
 
 
自分が「嬉しい」と感じたことを。
それは平等じゃないから、と否定する必要なんてないよね。
 
 
 
だから。
 
 
お客様を好きになれば、自分ももっと「嬉しい」を感じるということだよね。
これ前にも同じこと書いたかな。
 
 
 
 
仕事の前に深呼吸して。
今日は昨日よりも、もっとお客様のことを好きになれますように、と。
そういう気持ちでお店に立てたらいいですねえ。
 
 
 
 
:)
 
 

2018/01/08(学んだことは誰にも奪われない、学びたい気持ちも誰にも奪えない)

 

素敵なコピーに出会いました。
 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

「学んだことは誰にも奪われないから」
 
 
 
 
 
いいコピーだ。
 
 
 
 
先日、プチ窃盗にあいまして。自転車のライトが盗られてしまって、ついでにタイヤもパンク。僕の「足」は奪われてしまったので、駅から歩いてお店に向かいました。
 
 
 
 
でも、不思議なことに。あんまり嫌な気持ちにはならなかったです。
 
 
むしろ、歩いてみたら、ゆっくりと考えごとができたり、景色を眺める余裕があったり、悪くないなと。
 
 
 
以来。
 
自転車のパンクは直しましたが、週に1回くらいは歩いて通勤することで、ゆっくり考えごとをするという術を学びました。
 
 
僕から自転車を奪うことはできても、「歩くことの喜び」は奪うことはできない。
 
(なんか、ちょっとかっこいい)
 
 
 
「学んんだことは誰にも奪われない」
 
 
改めて、いいコピーですね。
 
 
 
でも、このCM、ちょっとだけ誤解を生む可能性があるなと思いました。
 
 
 
 
父親の電気屋を手伝いたいという息子に、進学を勧める理由として「学んだことは奪えないから」と語る父親。
 
 
 
 
でも。
 
学校に進むことだけが「学ぶ」ことではないと思います。
社会人になってからだって「学ぶ」ことは続けられます。
 
 
 
昨日、静さんが。
 
 
 
「賞与もらったので、新しいレシピ本を買うんです!」と、嬉しそうに報告してくれました。
 
 
 
ね。
 
 
 
 
学びたいという気持ちは誰にも奪えない。
 
 
結局、あなた次第。わたし次第。
 
 
僕らのお店は他所よりも、「学びたい」を「応援したい」も多いのがいいねえ。
 
 
 
;)

「いいチーム」には「評価される機会」が多い、という仮説を検証してみようかな、という話

 
 
店長になってから、ずっと考えている”問い”の一つが。
 
 
 
 
「いいチームとは何か?」
 
 
 
です。
 
 
 
 
みんなはどう思いますか?
僕はまだ見つけていません、正解。
 
 
 
 
でも、今のところ3つの仮説を持っています。
 
 
===
 
「いいチーム」の条件
 
1,いいチームには、共通の目的に向かって全員で前進していく意思と行動がある。
 
2,いいチームには、チームに貢献することを自身の喜びに繋げられる感性がある。
 
3,いいチームには、個人の成長や成果が多様な角度から評価される機会がある。
 
===
 
 
さて。
 
 
(1)に関して。
 
まずは目的を共有することだろう、と。これまでコミュニケーションの総量を増やすことを考えてきました。日報で全員が営業の振返りやアイディアを出し合うようにしてみようとか、休憩室を快適にすることでスタッフ同士でお喋りする時間が増えたらいいなとか、忘年会のように全体行事があることで主婦さんや学生さんの交流ができるかも、とか。
 
まあ、そんな余計なことをしなくても、実は、うちのお店は(1)は最初からちゃんとあった気もします。それはオープンから今まで続けてくれているメンバーが死守してきたモノなんでしょうね。
 
 
(2)に関して。
 
実は採用のときに気をつけています。
 
誰かに喜んでもらえることを自分も嬉しいと感じられる。そういうポジティブな共感の資質を持っている人を採用するように。
 
例えば、「最近、嬉しかったことを教えてもらえますか?」の質問に、「九州の友達が東京に会いに来てくれたので、案内して喜んでもらえたことです」と答えてくれた女子は即採用しました。
 
だから、もう採用の段階で達成しているつもりです。笑
 
 
 
最後だよね。最後の(3)。
これ、まだまだ不足しているかもしれません。
 
チームが前進し続けるためには、実は(3)って結構大事。
 
どんなに目的に向けて頑張っても。
どんなに仲間やお客様を喜ばせることに夢中になっても。
 
「そんなアナタを組織は評価しています」ということが伝わってこなかったら。
限界があるんじゃないかって。仕事って好きなことばかりじゃなくて、苦手なこととか、時には辛いこともあるわけですから。
 
 
 
 
なので。
 
 
 
これから「評価される機会」を沢山つくってみよう、と思います。
(主に岩田さんが頑張ってつくります。笑)
 
 
 
その1つが、今回の「今月はいつもよりも少し背伸びしてお店に貢献してくれてありがとう賞与」(略して、「コンセノ賞与」)です。
 
 
 
いまお店で「評価される機会」といえば。
 
高いスキルを習得していること、時間帯の責任者ができること、新人のトレーニングができる、安定してシフトに入れること。そんな感じかな。
 
 
 
でも、上記に該当しないけど「貢献したい」と思ってくれている人もいる(と信じてる)。なので、そんな気持ちも「評価される機会」に含めたいです。
 
そこで、「今月はいつもよりも少し背伸びしてお店に貢献してくれてありがとう賞与」を考えてみました。 例えば、自分はどんなに長くても1〜2年くらいしか働けないから時給はあまり上がらない。例えば、学業や掛け持ちの仕事があるのでシフトも安定しないのでスキルも習得できない。
 
 
 
だけど、お店に貢献できるときは貢献したい!というアナタ。
 
 
 
 
是非。
 
 
 
レッツトライ。
 
 
 
 
 
ちなみに、あまり効果がなかったら来月は別のやり方を考えます。笑
 
 
 
 
 
:)